姫路市で唯一の施術法でメディアからも注目されている整体院です。

キュア小野整骨院


光線療法と免疫機能

光線をあてることで免疫機能が変わってくるのはなぜでしょうか?

その理由の一つに
体温があります。

体温が低いというのは冷え症とも関係します。
理想の体温は36,6℃と言われておりますが多くの方が35℃真ん中から後半という体温です。

理想の体温とは1℃ほど違ってきますが、この1℃がとっても重要なんです。
1℃下がると代謝15% 免疫力は30%低下すると言われています。

体温が低いと常時免疫力が30%低いということですので体にも色々不都合が出てきます。

免疫力が低いと
  1. 病気にかかりやすい
  2. 疲れやすい
  3. 治癒が遅い
体にとっては良いことは何一つありません。

光線は体の深部から温めます。
通常温めるものといえばお風呂やこたつ、ストーブなどがありますがこれら「熱のエネルギー」と言われるものは体の表面部分しか温まらないと言われています。
光線は人工の太陽光ですので光の浸透性があるため
体の深部までその温かさを届けることができます。
それにより体の奥から温めていきます。
また、太陽光は赤外線・紫外線・可視光線といった成分から出来ています。
この成分が人間にとって非常に大事な成分があるということです。

紫外線は特に有害なものとイメージを持たれますが
骨を作る
免疫力を高める
殺菌
ビタミンDの生成


と重要な役目を持ちます。

現代人は太陽に浴びる子tが少なくなっていますので無毒な紫外線を浴びることは身体を丈夫にするのです。




可視総合光線療法 理論と治験より

光線療法は多くの疾患の治験例から高齢者やガン治療後などの免疫機能が低下している状態ではその機能を高めアレルギー性疾患や自己免疫疾患など免疫機能が異常に亢進している状態ではその機能を抑えることが症状の改善から明らかです。

このような作用を有するものは免疫修飾物質と呼ばれ可視総合光線療法と密接な関係にあるビタミンDは免疫修飾物質の仲間ともいわれています。
可視総合光線療法は光化学作用と深部温熱作用と言う自然な作用によってからだ全体を調整して免疫機能を修復し正常化する作用が認められておりこのことが予防医学ならびに治療医学において有効な働きをしています。

今後、可視総合光線療法のこのような作用はビタミンDなどの
免疫機能に及ぼす作用の解明とともにしだいに明らかになってくると思われます。

キュア小野整骨院のご案内

住      所:
〒670-0964 兵庫県姫路市豊沢町12-5 めぞんあさひ1階
アクセス:
JR姫路駅から徒歩5分 山陽電車姫路駅から徒歩8分
お問い合わせ・ご予約
079-288-0378
受付時間:
月~土 10:00~19:00
定休日:

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ